top of page

マムシグサ

林の中になんとも異色な植物が存在します。

ほんとにマムシが鎌首をあげていて今にも襲いかかりそうな姿です。

茎も気持ち悪い模様です。

だけどなんとも美しくてやっぱりきもい。

そして花が終わるとこのマムシの頭のところに赤い毒々しい実がつき赤い手榴弾のようです。

これもまたきもい。

実が種になるとこの種になるとこの種がまたすごいんです。

薄茶色の手榴弾の中に薄っぺらい種がぎっしりと詰まっていて種が風でふわふわと舞い飛びます。


なんともすごいマムシグサ

嫌いだけど見入ってしまうマムシグサ


留言


bottom of page