いっぴん便り

大切な相棒

このメジャーはなんとも優れもの。角度計やレベルが付いていますが一番のポイントはコンパスになることです。お尻の爪を出してメジャーの先に設けられた穴に鉛筆突っ込んでグルーっと回せば円が描けます。5、5メートルまで測れるので5、5メートル迄の半径の円弧が描けます。大きな丸テーブルや壁面レリーフ、建築に関わる大きなアールが必要なとき等本当に便利なんです。ただこの穴が災いしてテープが折れ曲り、切れてしまうことがよくあります。写真右上がテープが切れたものです。でも、無くてはならない大事な相棒です。以前お世話になっていた良工房さんの時からこればかり使っています。テープが切れやすいのでいくつも買い換えています。な、なんとその大事な相棒が生産終了になっていました。同じものは継続して売っているのですが肝心なコンパス機能が省かれていたんです。大問題です。ネットで売っているのはコンパスの無いものばかり。いつもお世話になっている金物屋さんでホコリをかぶったいつのものやら判らない年代物をゲット。ようやく一つありました。なんでこんなに良いものが生産終了になってしまうのか?みんなきっと使い方を知らないんでは無いでしょいか。こんなに良いものを廃番にするなんて。製造再開を願うばかり。


PAGE TOP