いっぴん便り

宝の山

ココにあるのは端材です。大きな板から木取りしたあとに残った材料です。まだまだ使います。チークにカリン、ウォールナット、チェリー等様々です。これらを組み合わせ時計ができたり花器になったりまた、大きな作品の大事なアクセントになったりします。だから木取りするときも如何に使える形で端材を残すかが難しいんです。あたかもビリヤードで次の狙いをつけやすい位置に手玉をコントロールするように。だから思ったように端材が使えたときは快感です。でもホントは新たな木から切り出したほうが効率がいいのですが。だってもったいないでしょう。宝の山です。


PAGE TOP