いっぴん便り

春の訪れ

ふきのとうが出ています。僕はふきのとうが大好きなので、2月から雪の下でスタンバイしているふきのとうを無理やり掘り出して、秘かに楽しんでいました。春の暖かな日差しを待ちわび、じっと凍えながら落ち葉と雪の布団に下で耐え忍んでいるけなげな彼らを。
なんて、酷い行いなんだろう、とはあまり思いもせずに。 ちいさなちいさな、ふきのとうの赤ちゃんを細かく刻んでアツアツのお味噌汁に入れ、一足早い春の香りを楽しんでいたのでした。
いま、工房の辺りはふきのとうが真っ盛りです。てんぷら、ふきみそと楽しんでいます。これぐらいのふきのとうは、てんぷらに最高です。
そんな感じで、個展が終わった安心感も手伝い、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。気が付けば、予定していた仕事が進んでいません。でも大丈夫。ふきのとうやこれから出てくる春の山菜達をつまみに美味しいお酒を飲めば、エネルギーが沸いてきて、良いアイデアも浮かんできて新たなデザインが生まれることでしょう。仕事も今まで以上にはかどる事でしょう。きっと。だから、これから、ふきのとうを採りに行って来ます。あれ?


PAGE TOP