いっぴん便り

タヌキがいました

作業の手を休め外に出たときのことです。アトリエ裏手の小海線の土手の方からクーン、クーンと聞き慣れない声が。声のする所を見ていると草がもぞもぞ動いています。何がいるのか僕もドキドキ。
ついに、姿を現しました。


PAGE TOP